キシリトールは危険なのか調べてみた!カロリーや効果と価格についても!!

仰天ニュースに70歳の美魔女の方が出ていて
あまりの若々しさにびっくりしました!!!

その若さの秘訣はキシリトールなんだとか。

でもキシリトールって私は体質に合わないのか
けっこう下痢になったりするんですよねぇ・・・

キシリトールは危険だ!

という情報も耳にしたことがあるんですが
仰天ニュースの70歳美魔女の方は
食事に一切砂糖を使わず
キシリトールで代用しているんだとか。

よく耳にするキシリトールですが
その危険性やカロリー、
ダイエット効果などが気になります!

そして価格は砂糖と比べてどのくらいなのかも
調べてみました。

スポンサーリンク

キシリトールは下痢になるから危険?

キシリトールはガムに入っていることで
けっこう知っている方も多いと思います。

そもそもキシリトールというのは
カバノキから発見された
天然の代用甘味料。

キシリトール (xylitol) は化学式 C5H12O5 で表される、
キシロースから合成される糖アルコールの一種。

引用元:ウィキペディア

キシリトールは口の中の虫歯菌が出す酸を
中和してくれる働きがあるそうです。
だから歯磨き粉やガムによく使用されているんですね。

キシリトールでよく言われるのが
「摂取し過ぎると下痢になる」
というもので
実際私もそうなんですが・・・

実は現在のところキシリトールに毒性はなく
むしろ弱い下剤の役割を持っているという話です。

これ、便秘解消が期待できるみたいだから
危険というよりは逆に嬉しい効果かも!

キシリトールは健康上の危険がなく
安心して摂取できる人工甘味料
という事になりますね。

キシリトールのカロリーや効果は?

キシリトールのカロリーは
スクロース(砂糖の主成分)の6割ほどと
言われています。

舌に感じる甘みは砂糖と変わらないので
このカロリーの低さは嬉しいですね~(*´ω`)

後味も清涼感のあるスッキリとした甘さで
加熱しても味が変化しないので
料理に利用しやすいのも嬉しい点です♪

キシリトールは体内の吸収速度が遅いため
血糖値が上がりにくいという特徴もあるので
糖尿病の方でも安心して料理に使う事ができますね!!!

そして血糖値が上がりにくいということは・・・

人気のダイエット方法である
低インシュリンダイエット
にも使えるということではないでしょうか!?

スポンサーリンク

キシリトールの値段は砂糖と比べて高い?

キシリトールは健康上の危険性が無く
糖尿病の方も安心して使用でき
便秘解消やダイエット効果も期待できる。

こうしてみると良い事づくめのキシリトールですが
砂糖と比べて値段はどのくらいなんでしょうか。

毎日の料理に砂糖の代用品としてキシリトールを使うなら
ここは主婦としてはかなり気になるところ・・・

さっそく楽天市場で価格調査をしてみると・・・

このキシリトールパウダーが454グラムで874円

これは454グラムが2袋で2,377円だから
一袋は1,200円くらい。

わが家の定番スプーン印の上白糖が
500グラムで300円くらいだから
キシリトールの価格は砂糖の3倍くらいですね(^^ゞ

キシリトールのお値段はちょっとお高め。
自分や家族の健康と食費の節約、どちらをとるか
悩ましいところですねぇ・・・

普段は甘さ控えめにして砂糖を使って料理し、
時々キシリトールを利用するのがよいかもしれません。

ちなみにキシリトールとは関係ないですが
私の地元で超話題になったレアシュガー(希少糖)を
わが家ではたまに(w)使用しています。

こちらも価格は1本(500グラム)1200円ほどと
キシリトールと同じくお高め。

この商品は100%希少糖というわけではなく
その含有量は15%ですが
でんぷん由来の成分で出来ていて
安心して使える人口甘味料です。

よくコーヒーに入れて飲んでいたんですが
甘みはやや弱いかな?

でも甘ったるくないところが気に入ってます(*´ω`)

カロリーは100グラムで300キロカロリーほど。
砂糖のカロリーが100グラム384キロカロリーだから
けっこうカロリーカットできますね。

キシリトールもレアシュガースィートも
値段はちょいとはりますが・・・

家族の健康を考えると
やはりちょっと無理してでも
積極的に取り入れていきたいと思いました。

もうすぐ夏だし、期間限定でダイエットも兼ねて
砂糖をキシリトールに変えてみるのも
良いかもしれません!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク