VRお絵描きは自宅でできる!?デバイスやアプリの購入方法と値段を調査!!

先ほどテレビで見たVRお絵描き

めっちゃ面白そうで気になっているダラママです。

キスマイメンバーと漫画家の桂正和さんが

VRでお絵描き対決をやっていたんですが

娘が夢中になってみていて

テスト前なのに全くいう事を聞かなかったほど(;^ω^)

でもこういうゲームがでてくると

いよいよソードアートオンラインの世界も

実現可能になってきつつあるなぁ・・・

なんてちょっとドキドキしてしまいました。

さて、このVRお絵描き、

自宅で楽しむにはデバイスやアプリが必要になります。

ちょこっと調べてみましょうか!!

スポンサーリンク

VRお絵描きがスゴイ!!

VRお絵描きのアプリ「Tilt Brush」については

イメージしやすい動画があったので貼っておきますね!

周りの空間全てに自由に絵が描けるなんて面白い!!

しかも立体的にですよ!!!

ウチの娘は美術部に入っているので

最近絵を描くことにかなりハマっているんです。

そりゃあ「やってみたい~!!!」

ってなるでしょうなぁ( *´艸`)

絵心があるなら自分の世界観に浸れること間違いなし。

絵が描けなくても空間いっぱいに落書きできるなんて

ちょっと良いストレス解消になりそうです。

VRお絵描きアプリTilt Brush

Googleが配信しているVRデバイス向けアプリ。

ゲームや動画等のダウンロードプラットフォームである

Steamで購入出来ます。

価格は1980円。意外と安い!!

ただマニュアルや更新情報などが日本語対応していないようです。

VRお絵描きに必要なデバイスは?

VRお絵描きを楽しみたければ

もちろんアプリだけではダメ。

Tilt Brushを使う事ができるデバイスは現状

Oculus社の Rift

VRお絵描き デバイス

HTC社のVive

VRお絵描き デバイス

の2種類があるようです。

価格は70000円~80000円くらい。

商品名のリンクをたどれば購入ページに飛びますが・・・

う~ん・・・子供のゲーム機には高価すぎるなぁ・・・

どちらのデバイスもパソコンに繋がないといけないので

子供の・・・というよりは

大人が欲しいおもちゃというイメージですね。

でもOculus社の別のデバイスで

Gear VRのデモ動画なんか見てしまうと・・・

一家に一台VRの時代は近そうな予感がします。

だってパソコンだって私が子供の頃には

一般家庭にはそうそう無いものだったですもんね。

まとめ

最近になってソードアートオンラインや

ログホライズンなどの

VRゲームの世界をテーマとしたアニメに

母子そろってハマっている我が家。

ゲームにも絶対ハマれる自信がありますwww

っていうか、ハマりすぎて引きこもりになりそうでコワい。

まあ、今はまだ家でプレイするなんて

現実的でないところが救いです。

近所にあるイオンにVR体験スペースができたので

まずはそこで遊んでみるとしますか!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です