村田沙耶香のコンビニ人間とは!芥川賞作家の大学や経歴を調べてみた♪

第155回芥川賞が

発表されました!

受賞したのは村田沙耶香さん。

芥川賞って純文学ですよね。

タイトルがコンビニ人間というそうなんですが

純文学なコンビニ人間ってどんなん!?

ちなみにわたくし、

最年少で芥川賞作家となった

綿矢りささんの作品も

ピース又吉さんの火花

未だに気になりつつも

ヒマが無くて読んでおりません(;´・ω・)

ああ~!!

読みたい本が溜まっていく~(-_-;)

スポンサーリンク

村田紗耶香のプロフィール

村田紗耶香 プロフィール
出典:http://crea.bunshun.jp/

村田沙耶香(むらたさやか)

1979年8月14日生まれの36歳

千葉県出身

玉川大学文学部卒業

村田紗耶香の経歴は?

文芸誌である群像

新人文学賞をはじめ

数々の文学賞を受賞している

村田沙耶香さん。

三島由紀夫賞では

何度も候補に挙がっています。

2013年には受賞もされていますね。

村田紗耶香の作品について

作品リストを見てみると

見覚えのある題名が!!

消滅世界って

あのゲームアプリのヤツ!?

・・・と思ったら

ゲームのほうは消滅都市でした(^^ゞ

紛らわしい~ww

紛らわしいついでに

世界観が私好みの消滅都市のCM動画を

貼っておきますw

音楽が良いよね!

金子ノブアキカッコいい(*´ω`)

全くの別物なんだけど

なんとなく消滅世界のあらすじを

読んでみると

世界観が似ているように感じるのは

私だけ!?

近未来的なイメージだからかなぁ・・・

コンビニ人間のあらすじ

芥川賞作品であるコンビニ人間のあらすじは

こんな感じ。

主人公は36歳の

コンビニでバイトをしている未婚女性。

バイトは18年目で

コンビニが彼女の世界のすべて

コンビニのバイトといえば

マニュアル接客の代表的なものですよね。

誰がやっても同じ接客で

人としてのつながりとか

そういう大事なものが希薄な印象を受けます。

そんな主人公が婚活目的の

(おそらくは若干チャラいw)

男性に

現実世界をつきつけられ、

判で押したような日常生活がゆらいでいく・・・

みたいな内容かと思われます。

なにせ読んでないもんで

AMAZONのあらすじを

自分なりに解釈してみました(^^ゞ

全然ちがっていたらゴメン(;´・ω・)

主人公の女性って

作者である村田沙耶香さんと

同世代ですよね。

作家仲間から

クレイジー沙耶香と呼ばれるくらい

ちょっと・・・イヤかなり(?)

変わった感性の持ち主である

村田沙耶香さん。

主人公とはどこか

似ている部分があるんでしょうか?

タイトルだけみると

ちょっとコミカルさを感じてしまいましたが

逆にすごくシリアスでリアルで

読んだ後にトラウマ残りそうな

雰囲気も感じてしまいました(^^ゞ

イヤこれも

全然違うかも・・・

もう読むしかないですねっ!!!

まとめ

読みたい本が貯まり続けている私ですがw

村田沙也加さんの著書は

どれもタイトルからして

かなり興味をそそられます( *´艸`)

近いうちにぜひ読んでみたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です