三原舞依がノーミス神演技!!四大陸フィギュア2017女子フリー感想♪

フリーの得点はなんと!134.34!!

自己ベストを10点近く超え

200点越えという素晴らしい成績で優勝した

三原舞依ちゃん!!

優勝おめでとうございます(^^)v

真央ちゃんが出ていなくて

見る気がしないとか言ってごめんなさい(^^ゞ

フィギュアスケート四大陸選手権

大変楽しく観戦させていただきました!

スポンサーリンク

三原舞のプロフィール

三原舞 プロフィール

三原舞依(みはらまい)

1999年8月22日生まれの17歳

兵庫県神戸市出身

兵庫県立芦屋高等学校に在学中

憧れの選手は浅田真央ちゃんだそうです( *´艸`)

ヨシヨシ♪カワイイ子やねぇ~

演技はまだ幼さが残るけど

スケートの技術はかなりしっかりしていて

ジャンプの安定感は抜群でしたね!

シニアに上がって間もない選手ですが

今回の四大陸選手権優勝で

一躍トップ選手の仲間入りをしたんじゃないでしょうか!?

選んだ曲がシンデレラというのも

この舞台にピッタリでした(*´ω`)

昨シーズンは若年性リウマチという

とても珍しい病気にかかって

選手生命が危ぶまれた三原舞依ちゃんでしたが

病気を乗り越え絶好調でした!

四大陸選手権2017女子フリー感想

今回の四大陸女子はショートプログラムを

残念なことに見逃してしまってたんですよね(^^ゞ

ショート終了時点での成績は以下の通り。

1位 ガブリエル・デールマン(カナダ)68.25

2位 ケイトリン・オズモンド(カナダ)68.21

3位 エリザヴェート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)66.87

4位 三原 舞依(日本)66.51

5位 長洲 未来(アメリカ)62.91

成績だけで見ると4位の三原舞依ちゃんくらいまでが

まあメダル圏内なんだろうとは思っていたんですが・・・

SP1位のデールマンはちょっと聞いたことない選手だったし

おそらくショートとフリーを両方そろえて

パーフェクト決められるほど甘くはないと思ってたんで

おそらく今回はケイトリンが優勝だと予想してました。

んがっ!!

ケイトリンがフリーでまさかの失速。

転倒に次ぐ転倒、もう可哀想なくらい

ジャンプの失敗が続いてしまいましたね(;´・ω・)

そして長洲未来ちゃんがパーフェクトな演技を披露!

彼女の久々の会心の笑顔に

見ていてコチラも嬉しくなってしまいました。

個人的に注目は元々ロシアの選手なのに

カザフスタン代表として出場していた

エリザヴェート・トゥルシンバエワ選手。

ロシアの女子フィギュアは今スゴク層が厚いので

自国での代表は難しかったんでしょうか?

アジアっぽいルックスだから

ご両親がカザフスタンの方なのかもしれないですね。

すごく小柄な選手で、大きな大会では

これといった成績も残せていませんが

不思議と印象に残る選手でした。

フリーは緊張したのかジャンプミスが

かなり目立ってしまって残念・・・

選曲がもののけ姫というのも

かなり私的にはポイント高かったんですけどねえ。

あ!コーチはオーサーだわ。

ということは羽生選手やフェルナンデスと

同門ですね!

17歳だしまだまだこれからの選手。

三原舞依ちゃんとともに

今後私が注目していきたい選手です♪

まとめ

本田選手や樋口選手はちょっと残念な結果でしたが

その分三原舞依選手が頑張ってくれました♪

日本のフィギュア、女子もまだまだイケますね( *´艸`)

さあ!明日は男子だ!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です