本屋大賞2017一覧

i(西加奈子)のあらすじは?本の装丁が良い!書評や感想をまとめてみた

本屋大賞2017のノミネート作品が先日発表されたわけですが、タイトルで一番気になっている「i(アイ)」作者の西加奈子さんは直木賞受賞作家なんだそうですね。どんなお話しなんでしょうか!?あらすじや書評などを調べてみました!本の装丁もインパクトがあるんです!

しんせかい(山下澄人)のあらすじやネタバレ感想まとめ!実話?作者についても

第156回芥川賞と直木賞が発表されました。直木賞は恩田陸さん作の蜜蜂と遠雷。そして芥川賞は山下澄人さん作のしんせかいです!演劇がテーマの作品らしいですよ( *´艸`)そして山下澄人さんは実際に劇団FICTIONを主宰されています。コレ、もしかして実話!?

蜜蜂と遠雷のあらすじは?ピアノの曲目が気になる!感想もチェック!!

本屋大賞2017で私が一番気になっていた蜜蜂と遠雷(作者:恩田陸)が直木賞受賞です!!この作品、何が気になるってピアノコンクールが題材になっているところ。コンクールの緊張感とか、何よりも作中に出てくるピアノ曲とか、どのような文章で表現されているんでしょうか!?