八重樫をノックダウンした相手の名前は?衝撃の1ラウンドKO動画もチェック!!

えっ(゚д゚)!

八重樫負けたやん・・・

IBFライトフライ級の防衛戦でまさかの敗戦。

しかも1ラウンドノックアウト負け(-_-;)

いったいどうしちゃったの!?

私、夕食の後片付けをしていて

見るヒマもなかったんですけど。

それにしても衝撃的。

本来ならもっと競る試合の予定だったのに

放送枠の尺が埋まらないのか

何度もKOシーンがテレビで流れて

なんか可哀想になってくるわー。

スポンサーリンク

八重樫東(やえがしあきら)のプロフィール

八重樫 KO負け

八重樫 東(やえがし あきら)

1983年2月25日生まれの34歳

岩手県出身

身長162センチ

拓殖大学卒業

大橋ボクシングジム所属

八重樫をKOした相手の名前は?

あまりにもあっという間の試合だったので

相手の名前すら覚えてないわ(;^_^A

八重樫を1Rノックアウトしたのは

フィリピン出身のミラン・メリンド選手。

八重樫 KO

1988年2月29日生まれの29歳

戦績は37試合中35勝2敗。

勝った試合中ノックダウンでの勝利が

12試合あるんだとか。

八重樫はその辺りを警戒すべきでしたねぇ(;^_^A

イヤ、十分警戒はしていたと思うんですけど。

実はこのミラン・メリンド選手、

八重樫とは因縁のある相手というか・・・

2016年11月に八重樫がケガをして試合ができず

IBF世界ライトフライ級暫定王座を獲得しています。

そして2016年12月には

今度はメリンド選手がケガで出場辞退し、

正式なIBF世界ライトフライ級の王者である八重樫と

決着がつけられなかったんですねぇ。

そして今日、やっと決着がつくという大事な試合で

出会いがしらをうまく抑えたメリンド選手が

八重樫を3回ダウンさせてのTKO勝利となりました。

1発目に当たったパンチが八重樫にとってかなり

ダメージがあったように見えましたね。

3回目にダウンした時には

もう立ち上がろうとしても身体が言うことを

聞かない状態でしたもん。

八重樫KOの瞬間の動画

ツイッターで動画を挙げている方がいたので

お借りします!

本当に、身体が温まる前に

あっという間にヤラレタという感じ。

八重樫本人も

悔しいというよりもワケが分からない

という状態ではないでしょうか!?

ほんま!私もそんな感じですよ(;^_^A

まとめ

あまりの早い展開に

まだあっけにとられている感じです。

でも八重樫の力が相手に劣っていたから負けた

とは思えません!!

相手はラッキーパンチが当たっただけ!!

是非!八重樫にはリベンジしてほしいです!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です