【ウォーキングデッド6】14話のネタバレ感想!グレンは生き残る?展開を予想!!

日本のドラマよりも海外ドラマのほうが好きな

アラフォー主婦です( *´艸`)

最近はウォーキングデッド

シーズン6に激ハマり中w

元々ホラー好きなんだけど、

ウォーキングデッドは

ホラーというよりも人間ドラマなところが

良いんですよね!

メインキャラがあっさりお亡くなりになってしまうところも

展開に目が離せない理由のひとつ。

レギュラーキャラ唯一のアジア人、

グレンの今後がいったいどうなるのか!?

めっちゃ気になっております(;´・ω・)

スポンサーリンク

ウォーキングデッド6のあらすじ

詳しいあらすじは

ウォーキングデッドのファンならば誰でも知ってる(?)

もっさんさんのブログのほうが

分かりやすいと思いますので(^^ゞ

リンク貼っておきますね!

もっさんのブログ

私は現在進行形で見ているドラマは

絶対にネタバレ見ない派なんですが、

ウォーキングデッドは展開が辛すぎるので(^^ゞ

いつももっさんさんのブログで

心構えをしてから見るようにしています。


ツイッターでは更にリアルタイムな情報や

キャストたちのオフ画像なんかも見られるので

オススメ!

もっさんさん、いつもお世話になってます( *´艸`)

14話のネタバレ感想!

※画像は14話より前の話のものです

モーガンとリックの意見の対立、

どっちが正しいのか・・・

世界が変わった後ではリック?

でもモーガンの

「変わる機会を与えたい」

という気持ちは至極まっとうなものですよね。

シーズンが進むにつれて

リックが敵対する相手をやっつけるたびに

どんどん怖くなってきて(^^ゞ

もしも私がリックのグループと

敵対するグループにいたら

何も言い訳できずにやられちゃうのは

ちょっと悲しい・・・(´;ω;`)

キャロルのお相手はトビン??

ウォーキングデッド6 ネタバレ

やっぱダリルは盟友って感じなのかなぁ・・・

ダリルがキャロルを思いやる姿が

ちょっとイイナーなんて思ってたけど、

男女の関係となると

ちょっと違和感ありますもんね(^^ゞ

14話ではロジータとダリルが

ダメだって言ってんのに

一緒に薬の調達に出掛けたデニースが

退場の憂き目に(´;ω;`)

ウォーキングデッド6 

せっかくWの男に命を救われたのにねぇ・・・

アンタどう見ても運動できなさそうだから

外に出たらイカンでしょ!!

ウォーキングデッド6 14話

ユージーンは親離れw

今までロジータやエイブラハムの後ろに隠れて

小さくなっていたのに

「自分でやれる!!」

とウォーカーに立ち向かっていく姿とか

エイブラハムに食って掛かる姿とか

なんか可愛い( *´艸`)

でもユージーンの優秀な頭脳は

絶対にリックたちに必要だから

おとなしく守られててほしいわ。

デニースもユージーンも、

自分が弱い事に劣等感を抱き、

守られてばかりいることに

苛立ちをかんじていたんでしょうね。

世界は変わったのに変われない自分。

守ってくれていた人が

もしも戦いでいなくなったら?

そんな不安もあったんだろうなぁ・・・

デニースの目を射抜いたのは

皮肉にもダリルのボウガン。

そしてそれを使ったのは

ダリルが以前助けたドワイト。

ダリルは重過ぎる十字架を背負ってしまったんじゃないかと

今後が心配・・・

そしてキャロルは街を出て行ってしまいます。

誰かを守るためには

敵と戦って勝たなければいけない。

そんな日々に疲れたようです。

13話はそんなキャロルの心情を

よく表した回でしたね。

ニーガンにやられるのはグレン!?

ファンの間での最重要事項!

それはグレンが原作通りの結末をたどるか?

という事なんですが・・・

14話でボウガンを射られたデニース、

実は原作ではこの役は

エイブラハムなんだそうです!!

ということは、グレンでない誰かという可能性も

充分あり得るワケで・・・

15話の予告で何やらダリルが

単独行動をしていた!?

おそらくドワイトを始末するため。

あるいはいなくなったキャロルを探すため??

ウォーキングデッド6 ネタバレ

えっ・・・まさか・・・!

ニーガンにやられるのは・・・ダリルなの!?

グレンも人気のあるキャラクターだけど

ダリルは人気ナンバーワンキャラ

といっても良い存在ですよね。

原作にはいないドラマの

オリジナルキャラでもあります。

う~ん・・・まさかとは思うんだけど、

ホントあっさりメインキャラが退場するドラマなだけに

気が抜けないですねぇ・・・(;´・ω・)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です