古代サメラブカの画像がヤバい!水族館で見られる!?地震予兆ってホント!?

鉄腕DASHでTOKIOが快挙を達成したそうです!!

DASH海岸という横浜のとある海岸を浄化し、

東京湾をキレイにしようという企画のなかで

幻の古代サメである

ラブカ

という深海魚を生きたまま捕獲したんだとかΣ(・ω・ノ)ノ!

画像をみると・・・

ん?どこかで見たような・・・!?

それもそのハズ。

映画シンゴジラの第2形態のモデルになった

深海魚なんだそうです。

↑コレコレ!蒲田くんw

気持ち悪かったよねぇ~(;´・ω・)


関連記事はコチラ!
メガマウスというサメの画像がスゴイ!!地震の前兆?南海トラフとの関係は?

スポンサーリンク

古代サメ・ラブカとは?

衝撃の捕獲映像がコレ!!

何ともいえない不気味なお姿(;´・ω・)

だいたい深海魚って見たことないものが多いから

素人目には他の深海魚とあんまり見分けが

つかないですねぇ・・・

でも生きた状態で捕獲されることって

ほとんどないんですって!!

生きた化石と言われるシーラカンスや

恐竜よりも古い魚類だとか

4億年前の生き残りだとか・・・etc.

む~ん・・・凄すぎて逆に良く分かりませんw

もちろん学者先生の方々には脅威の発見だろうけども。

何よりもそんな超貴重な生物を

芸能人が、テレビ番組の企画で

しかも東京湾で発見したってことに

一番のオドロキを感じた方が大多数なんじゃない?

古代サメ・ラブカは水族館でみられる?

今回、この古代サメラブカを

生きたまま捕獲に成功したってことは・・・

きっとどこかの水族館とかに寄贈されるんじゃない?

と思った方もたくさんいると思います。

でも残念ながら、DASH海岸は東京湾を浄化&保護する企画。

なんとなんと!この超貴重な古代生物を

キャッチ&リリースしちゃったらしいです(^^ゞ

ただ、この古代サメラブカの標本を

展示している博物館はあるようですね。

生きている古代サメラブカを以前展示していた水族館も

ボチボチあるみたいですが、

非常に弱い生物であるため飼育はかなり困難なんだとか。

そのため、現在は生きた古代サメラブカを

水族館で見る事はかなり難しそうです。

ナルホド・・・

TOKIOがキャッチ&リリースしたのには

そういう理由があったんだ。

納得しました。

古代サメラブカの発見は地震の予兆?

古代サメラブカの事を調べていると

地震

というワードが出てきてちょっとコワいんですが(;´・ω・)

これは、以前にラブカが捕獲された際に

地震が起こったという記録があるかららしいです。

素人考えですが

地震って地殻の変動で起きるものだから

ラブカが棲んでいる深海に変化が起きて

海面近くに上がってきて捕獲される。

その後地震が起きる。

なんていう図式が頭に浮かびましたが

それだったらどんな深海魚にも当てはまりますよね。

ラブカと地震の関係に科学的な根拠はないので

珍しい事が起きる=地震

みたいなちょっとした迷信なのかもしれません。

まとめ

今回はネットで話題になっている

古代サメ・ラブカをTOKIOが発見!!

というニュースについて

思ったことなどを書いてみました(^^)v

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です