蜜蜂と遠雷のあらすじは?ピアノの曲目が気になる!感想もチェック!!

本屋大賞2017で私が一番気になっていた

蜜蜂と遠雷(作者:恩田陸)

直木賞受賞です!!

おめでとうございます~♪

この作品、何が気になるって

ピアノコンクールが題材になっているところが

とっても気になるんです!!

私、大学までピアノの勉強していたもので( *´艸`)

あのコンクールの緊張感とか、

何よりも作中に出てくるピアノ曲とか、

どのような文章で表現されているのか

めっちゃ気になるわ~!!

さっそくあらすじや

作中に出てくるピアノ曲を

チェックしてみました(#^^#)

スポンサーリンク

蜜蜂と遠雷のあらすじ

何故か

はちみつとクローバー

を連想してしまうのは

私だけはないと思いますw

物語の舞台は

芳ケ江(よしがえ)国際ピアノコンクール

このコンクールに出場する

才能ある若手ピアニストたちの物語。

若手ピアニストたちそれぞれのバックボーンや

もちろんコンクールの模様なども

描かれているようです。

中でも異彩を放っているのは

養蜂家の親と移動生活を送っている

16歳の風間塵(かざまじん)の存在。

国際コンクールに出場しているのに

専門の音楽教育を受けたことがなく、

家にピアノすらないという・・・Σ(・ω・ノ)ノ!

確かに引っ越しが多いと

ピアノは家に置けないよねぇ。

だって引っ越しの時って

ピアノだけ別便で専用の業者に

運んでもらわないといけないですもん。

そんな子がコンクールで勝ち抜くなんて

想像しただけでドキドキしませんか!?

そして私が注目するキャラクターは

音大出身で楽器店勤務のサラリーマン高島明石

ピアノコンクールって年齢制限があって

だいたい28歳なんですが

高島明石の年齢が28歳なんですよね。

そういうギリギリの状態の人って

すごく応援したくなるっていうか

バリバリ感情移入してしまいます( *´艸`)

コンクールで勝ち抜いて優勝するのは誰か!?

めっちゃ面白そうだと思いません!?

蜜蜂と遠雷に出てくるピアノの曲目は?

蜜蜂と遠雷って絶対映像向きの物語だと思います。

映画化やドラマ化、近々あるんじゃない!?

そしいてピアノをかじったことがある身としては

どんなピアノの曲が出てくるのか

大変興味がわきますねぇ~♪

この本を出版している幻冬舎が

面白い事をやってます!

幻冬舎プラス

蜜蜂と遠雷に出てくるコンクール曲を

作中の演奏順に聞くことができるとか。

曲目見ただけでトキメキが止まらないんですけどっ!

ショパンのバラード2番とか

リストのメフィストワルツとか!

メフィストワルツはのだめカンタービレ

確か卒業試験に千秋先輩が弾いたよなぁ~( *´艸`)

そして本選は当然

ピアノ協奏曲ですよ!!

超有名なのはラフマニノフの2番や

ショパンの1番ですね。

でもプロコフィエフなんて通好みの曲も

しっかりあります!!

ナクソス・ミュージック・ライブラリー

申し込んじゃおうかなぁ・・・( *´艸`)

蜜蜂と遠雷の感想をチェック!!

私はまだ未読なんですが(^^ゞ

読まれた方の感想をチェックしてみました

めっちゃ好評ですやん!

最近老眼気味で(w)

読書からとんと遠ざかっていた私ですが

久々に老眼鏡かけてでも読みたい本を

見つけてしまいました~!!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です