深谷もやしのお取り寄せ方法♪味の違いは?レシピや高級な理由についても!

火曜サプライズで紹介されていた

超高級もやしだという深谷(ふかや)もやし

なんとも美味しそうで食べたくなった~( *´艸`)

もやしって安くてお腹が膨れるのでw

我が家の食卓には欠かせない食材。

だからなのか、うちの娘はもやし炒めが大好物♪

ふつうスーパーで売っているもやしって

40円くらいなんだけど、

深谷もやしはその10倍くらいのお値段なんだとか!Σ(・ω・ノ)ノ!

そんだけお高いもやしなら絶対美味しいはず!!

さっそく調査開始~♪

スポンサーリンク

深谷もやしとは?

ふつうのもやしって緑豆(りょくとう)という

緑の豆を使っているんだけど、

深谷もやしの材料は黒いブラックマッペというもの。

日本ではケツルアズキという名前があるようです。

深谷もやし ブラックマッペ
出典:http://diamond.jp/

おせちに入っている黒豆の小さいやつみたい( *´艸`)

火曜サプライズで紹介された深谷もやしは

ミャンマー産のものを使用しているらしいです。

我が家でよく食べている緑豆もやしの原材料は

中国産と書いてあった記憶が・・・

ブラックマッペを発芽させて作った深谷もやしは、

普通のもやしよりも根が長くて細いんだそうです!

深谷もやし 高級もやし
出典:http://diamond.jp/

実は四国のほうでは大豆をつかったもやしのほうが

スーパーでたくさん売られているんです。

細いもやしなんだけど、あれと似た感じなのかなぁ?

深谷もやしが高い理由は?

普通のもやしは一袋200グラム入りで

通常38円くらい。

安売りの時は10円くらいですよね!

深谷もやしのお値段は100グラムあたり150円ほど。

販売店によっては300円という高値をつけても

売れているんだそうです(@_@。

普通のもやしとナニが違うんでしょうか!?

深谷もやしの販売をしている飯田商店さんは、

昔ながらの手作業でもやし栽培をしているとか!

火曜サプライズで見たけど、作業には機械を一切使わず、

丁寧に人の手を使って収穫や洗浄を行っていました。

かなり手間のかかる作業ですが、

そのおかげで痛みの少ないシャキシャキもやしが

出来上がるんですね( *´艸`)

ただ手作業となると生産数も減るわけで・・・

そんな理由で深谷もやしは普通よりもお値段が

高くなってしまうんですねぇ( ..)φメモメモ

深谷もやしの気になるお味は?

テレビでは豆板醤で炒めたもやし炒めと

セイロ蒸しがめっちゃ美味しそうだった~( *´艸`)

深谷もやしって香りがすっごく良いらしいんです!

火を加えてもシャキシャキ感がしっかり残る、

というのも、もやし好きには重要なポイント♪

甘くてシャキシャキした歯ごたえ・・・

想像しただけでもヨダレがw

深谷もやしのお取り寄せ方法は?

深谷市のある埼玉県なら、

道の駅や食料品店・スーパーなどで

カンタンに手に入るんだろうけど、

県外ではどこで買えるのかなぁ?

関東では地産マルシェ伊勢丹で買えるらしいです。

通販では、オイシックスで取り扱いがあるとか!

オイシックスって普段使わない珍しい野菜が色々あって

以前定期購入していたんだけど、

おかげで料理の幅が広がったわw

ちょいとお値段お高めなのが難だけど(^^ゞ

深谷もやしは是非ともいちど食べてみたいので、

他の野菜といっしょに注文してみようかなぁ♪

まとめ

高級といってもそこはもやし。

300円くらいなら家計にも響かないし、

プチ贅沢してみるのもイイかも( *´艸`)

家族にはまずナニも言わずに食べさせて

お味の違いを聞いてみるのも

ちょっと面白いかもしれないですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です