猛暑2017年はいつまで続く?気象庁やNASAの予想は?原因についても

梅雨の湿気と暑さで

外に出るとまるでお湯のにつかっている気分(;´・ω・)

夏がめっちゃ苦手な冬生まれのダラママです。

気温なんか「史上最高」を

毎年更新し続けている気がするわ。

今年2017年の猛暑はいったいいつまで続くのか

気象庁やNASA情報などについて

調べてみました!!

スポンサーリンク

2017年の猛暑はいつまで続く?

今日もニュースで

気温30度以上の真夏日を観測したところが607地点

35度以上の猛暑日は25地点

※7/10午後2時時点

と発表していました。

35度とかもう体温やん!

私が子供の頃は、

真夏の気温が32度を超えた!

なんていう程度でニュースになったもんですが・・・

地球温暖化は確実に進んでいるんだなぁ。

ちなみに猛暑日というのは

日最高気温が35℃以上の日という定義になっています。

それ以下で30度以上は真夏日というらしい。

気象庁の猛暑日2017の予想は?

気象庁のサイトを覗くと
真っ赤に染まった日本地図が載っていて

もうそれ見ただけで暑くなってきます(;´・ω・)

気象庁 猛暑日2017
画像出典:http://www.jma.go.jp/jp/longfcst/

ここ1カ月で気温が高くなる可能性は

ほぼ全国で60パーセント以上!

ただ、異常気象の原因となる

エルニーニョ現象ラニーニャ現象

今のところ発生していないとの発表も!

暑い事には間違いないけど

これはちょっと安心材料ではありますね(^^ゞ

NASAの猛暑日2017の予想は?

2016年は世界的に暑い一年でした。

2014年から毎年、平均気温が

上がり続けていたワケなんですが、

2017年は2016年の暑さほどではないと

予想されているようです。

まあ、だからと言って気温が下がるわけでも

無さそう。

要するに、2017年も暑いのは変わらないんですけどね(^^ゞ

猛暑の原因について

猛暑の原因はよく言われる地球温暖化が

大きな要因ではあるんですが

地形や海水温度も重要なんだそうです。

例えばフェーン現象

風炎現象とも呼ばれているフェーン現象は

山から吹き下ろす暖かい風が

気温を上げると言われていますよね。

京都の夏が暑いのは盆地で

フェーン現象が起こりやすいから

って聞いたことがあります。

暑くなってくるとニュースに必ずでてくる

大分県日田市も

フェーン現象が起こりやすい地域。

でも、ダラママが住んでいる

瀬戸内海の海岸近くの地域でも

夕方から夜にかけては

海が凪で風が全く吹いてこないので

気温が上がって熱帯夜になることが

よくありますけども(^^ゞ

この暑さは例年どおりだとするならば

9月の終わりごろまで続くんじゃないでしょうか。

猛暑日ははやり8月中旬がピークなのでは?

年間の月別平均気温を見ても、全国的に

7月・・・暑い

8月・・・めちゃくちゃ暑い

9月・・・暑いけど7月よりちょっとマシ

という感じになってますもんね。

今年もクーラーフル稼働で

電気代が恐ろしいことになりそうです(;´・ω・)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です