液体ミルクとは?成分や安全性と賞味期限は?日本で流通しない理由について

こんにちは♪ダラママです

今ではすっかり家事や育児に

手抜きを覚えてしまったダラママですが

娘が赤ちゃんの頃は

そりゃあもう頑張ってましたよ!

ホントに!!

乳児がいる間って

毎日ほとんど寝られないし

外出するとなると

赤ちゃん用品一式持ってでないと

いけないので

そりゃあもう大荷物で大変(^^ゞ

ちょっと鼻水でも出ていた日には

大騒ぎで病院行きだし

やれ笑っただのしゃべっただの

寝返りしただの歩いただのetc・・・w

ちょっとした変化がもう

我が家の一大事でした( *´艸`)

そんな育児を体験したからこそ

小池百合子東京都知事が打ち出している

液体ミルク普及

という政策には

かなり興味があります。

スポンサーリンク

粉ミルクってけっこう大変!

私は娘が赤ちゃんの頃

母乳と粉ミルクの混合

育てていました。

母乳をよく飲んでくれたら

一番ラクなんだけど

イマイチ飲みが悪かったので(^^ゞ

粉ミルクってけっこう面倒なんですよね。

哺乳瓶の消毒して

スプーンで一杯ずつ量を図って

お湯を沸かして

適温まで冷まして・・・

お腹が空いて泣いている娘を横目に

急ぐ間に合わん~!!

っていう事が度々ありました。

コレ、災害にあったお母さん方は

どうしてたんだろう??

母乳が出ればいいけど

そうでない方は大変だっただろうなぁ・・・

液体ミルクとは?

娘が赤ちゃんのときは

液体ミルクなんていうものが

ある事も知らなかった(^^ゞ

液体ミルクというのは

その名のとおり

液体状の乳児用ミルクのことです。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

Similac【Advance Newborn Bottles 新生児用 液体ミ…
価格:2580円(税込、送料別) (2016/8/9時点)

液体ミルクの便利なところは

開封してすぐに

赤ちゃんに飲ませることができること。

温める必要もないし

お湯も水も

商品によっては哺乳瓶すら

必要ありません!!

紙パック牛乳と同じ感覚ですね。

粉ミルクの面倒さに慣れてしまった

日本のお母さんたちには

ちょっと拍子抜けするくらいのカンタンさ!

何コレ!!

旅行中に粉ミルクのお湯を

確保するのに

かなり苦労したけど

こんな便利なものがあるなんて

全然しらんかったわ~!!

でもそれもそのはず。

日本では液体ミルクは

製造も流通もされていないそうなんです!!

液体ミルクが日本で流通しない理由は?

海外ではごく一般的に

仕様されている液体ミルクですが

なんで日本では製造されないんでしょうか!?

実は三育フーズという会社で

唯一乳児用の液体ミルクを

製造していることはしているんですが

これはミルクといっても豆乳。

日本では赤ちゃん用の液体ミルクを

製造するための法律が

整備されていないんだそうです。

そして数ある粉ミルクメーカーも

液体ミルクを製造させてほしいという

働きかけを

国にたいして行っていないため

いつまでたっても国内での

製造ラインができないとか。

液体ミルクって粉ミルクと比べて

生産や流通のコストが

かなり高いらしいんですよね(^^ゞ

流通しないから認知度が低いのは

当たり前っちゃ当たり前。

ただここ数年のあいだに

度々大きな災害にみまわれ

液体ミルクに対する需要は

確実に高まっているようです。

液体ミルクの認可を働きかける

署名運動もあるんです!!

液体ミルクを日本にも・署名キャンペーン

今回小池百合子さんが

知事になられたことによって

液体ミルク国内製造が

現実的になってきたんじゃないでしょうか!?

液体ミルクの成分や安全性は?

さてさて♪

液体ミルクが便利なことは

充分に理解できましたが・・・

そうなってくると気になるのが

成分や安全性の面。

牛乳だって冷蔵庫で保存するのに

なんで液体ミルクは

常温保存が可能なんでしょうか!?

上でリンクさせていただいた

液体ミルクを日本にも・署名キャンペーン

のサイトによると

無菌充填されており、

粉ミルクの製法では取り除けない細菌が

液体ミルクでは滅菌できている

というのが常温保存できる理由のようです。

だから一度開封してしまったら

開封後は冷蔵庫で保存

とか

48時間以内に授乳しなければいけない

とか

商品によって違いはありますが

扱い方には注意が必要。

成分に関しては

水・脱脂乳・大豆油・乳糖

などが主に使われているようです。

未開封だと半年以上

常温保管できるものが多いので

粉ミルクの代替えとして

ストックしておけるのは良いかも。

お値段がちょいとお高めなので

液体ミルクをメインで使うのは

現状ではかなり不経済。

あくまでも予備として

外出の時などに使う

というのが

賢い使い方なんだろうなぁ。

液体ミルクの国内流通に期待!!

有事の時には大変便利な

液体ミルクですが

現在は輸入品に頼らざるを得ないのが

現状です。

ただ輸入品って大人ならともかく

赤ちゃんに与えるのは

ちょっと心配・・・

というのが正直なところ。

小池知事が頑張って

国内生産と流通を実現させてくれたら

世間のお母さんたちだって

安心して使えるようになるはずです。

そしたら消費だって増えるし

そうなればコストも安くなって

液体ミルクのお値段も

てを出しやすいものになっていくんじゃ

ないでしょうか!?

私自身はもう出産はしないだろうけど

娘に子どもが産まれた時、

つまり孫ができる頃には

液体ミルクがもっと

メジャーになっていてくれると

助かります( *´艸`)

だって孫を預かるのが

ラクになりますもんねw

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です