生島マリカのプロフィール!清原の元恋人というのは嘘?旦那や子供の現在は?

元プロ野球選手、清原和博さんのアノ事件は

かなり衝撃的でしたね・・・

そして清原の元恋人、生島マリカさんの半生もハンパなく衝撃的!!

「不死身の花」という自伝小説もかなり売れているようですね。

ものすごーく興味をひかれる方なんですが・・・

いったいどんな女性なんでしょうか?

スポンサーリンク

生島マリカのwikiプロフィール

生島マリカ wiki プロフィール
出典:http://news.infoseek.co.jp/

1971年生まれの45歳

兵庫県神戸市出身

両親とも韓国出身の在日韓国人

父親が宝石商だったことから、

幼い頃は裕福な家庭で育ったようです。

その後、路上生活をしたり、

10代でナンバーワンホステスになったり、

ガンを患ったり、

継母と裁判になったり・・・

なんとも波乱万丈な人生を送ってこられたそうです(^^ゞ

現在は仏門に入って僧侶をされているとか!

常人にはとてもついていけない激しい生き方ですね・・・

不死身の花」を読んでみたくなりました。

生島マリカの半生が凄まじい!!

生島マリカさんは、母親を亡くしたか離婚したか

そのあたりはちょっとわかりませんが(^^ゞ

父親が再婚したことで継母にいじめられて

13歳で家を出たんだそうです。

というか。継母に追い出された!?

13歳といえば中学生ですよね。

そんな歳で家を出なければならなかったって、

父親は何も言わなかったんでしょうか!?

それでもお父さんが大好きだと言える生島マリカさん、

ちょっと尊敬してしまうわ。

私だったら憎んで憎んでどうにか仕返しできないかと

考えてしまうと思う。

でも、人を憎むっていうのは、

かなり心を疲弊させられるんですよね・・・

心が弱ると体も弱って、

結局は自分を痛めつける事になってしまうのも事実。

憎むよりも許す事を選んだ生島マリカさんの選択は、

正しいと思いました。

私にはとても真似できないけど(-_-;)

14歳でホステスになったという事なんですが、

未成年でも働けるんだろうか!?

年齢をごまかした?

夜の世界ではよくあることだけど・・・

生島マリカさんが14歳の頃なら80年代かぁ。

世間がバブルで浮かれていた時期ですね。

そのころホステスをしていた人なら、

一財産築けたんじゃないでしょうか!?

友人の本職のホステスさんに聞いたことあるんだけど、

バブルの頃は店中を札束が舞っていたとか(^^ゞ

もちろんチップもたくさん貰えたし、

車をプレゼントなんて日常茶飯事だったらしいもんねぇ・・・

そして清原和博容疑者に出会ったのは、

銀座のホステス時代の事なんだそうです。

清原の元恋人というのは嘘!?

私が生島マリカさんをテレビで拝見したのは、

たしか1月の終わりごろ、サンデージャポンという番組で

だったと思います。

メガネをかけて、エスニックな感じの衣裳を着ていて、

パッと見は地味な雰囲気の女性でした。

MCが「清原の元恋人」と紹介していたけど、

「え~?なんか嘘くさい・・・売名!?」

なんて思ってしまいました(^^ゞ

ちょっと変わったイタい人かと・・・失礼ですが(^^ゞ

世間も私が感じたような事を思ったんでしょうねぇ。

清原と付き合っていたというのは嘘なんじゃないか?

なんてちょっと話題になりましたね。

でもこれだけ色々なメディアで報じられるくらいだから、

清原と付き合っていたという確かな根拠があるはず。

付き合った期間は2年間だそうですが、本当の事なんでしょうね。

疑ってしまってすみませんでした(^^ゞ

旦那と子供の現在は?

生島マリカさんはインタビューで、

「当時、結婚していた相手ともうまくいっていなくて・・・」

と答えています。

上京するときに息子さんが付いてきた、というエピソードも、

おそらく離婚して、現在は息子さんと

暮らしているのではないかと思います。

本の出版のために上京した時は、

息子さんを中学校に通わせることもできないくらい

貧乏な生活だったそうなので、

旦那さんとはお別れしているのは間違いないんじゃないかなぁ・・・

まとめ

もう凄いエピソードがありすぎて、

私のこんなちっぽけなブログでは紹介しきれないわ(^^ゞ

著書「不死身の花」は、実は息子さんに向けた遺書として

書き始めだんだそうです・・・

悲しいけど強い女性なんだなぁ、と思いました。

生島マリカさんの事を調べていくほどに、

もっともっと知りたい!という欲求が・・・

これはもう、本を読むしかない!

ちょっと今からAmazonで予約してきます!!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です