NEWS加藤も食べた!カラスは美味しい?食用化研究をしている大学は?

NEWSがやっている深夜番組「変ラボ」で、

カラスは食べられるのか?という実験をやっているのを見ました(;^_^A

カラス 食べる 加藤シゲアキ

最近都会ではカラスの被害が増えていると聞くし、

食べられるのなら、駆除しつつ資源を活かせて一挙両得!?

でも、カラスを食べるなんてちょっと抵抗が・・・

スポンサーリンク

そもそもカラスが捕まらない!

都会のカラスってすごく賢いんですよね。

番組では、カラスの食用化を研究しているという

総合研究大学院大学の助教授、塚原直樹さんと

NEWSの加藤シゲアキ君がカラスの捕獲に悪戦苦闘!

場所は神奈川県平塚市。

ここ近年、カラスの被害が増大中だとか。

まず、カラスを捕まえるために箱罠というのをしかけて、

カラスの鳴き声をしこんだドローンを飛ばしてみると・・・

Σ(・ω・ノ)ノ!

数十羽のカラスの大群が集まる集まる!!

・・・・集まっただけで、箱罠には1羽もかからず(;´・ω・)

そういえば、数年前にこんなCMがありましたね。

このCMでは、演出上カラスの目論見は失敗するんだけど、

車を利用してクルミを割るカラスっていうのは本当にいるんです!

カラスには人間に匹敵するような問題解決能力があって、

とっても知能のたかい野生動物なんですねぇ。

そう考えると、ますますカラスを食べるっていう行為に抵抗が・・・

カラスの料理方法とお味は?

捕獲には失敗した加藤くんですが、あらかじめ塚原助教授が

用意してあったカラスで料理開始!

まず捌いたカラス・・・う~ん・・・黒っぽい・・・

肉の色が黒っぽいのは、カラスの肉に含まれる鉄分のため。

真っ黒な足がついた状態だったので、かなりショッキングなビジュアル。

でも実はカラスって、ジビエとしてはかなり高価な食材だとか。

古いフランス料理の本には「ジビエでもっとも高貴な食材」

との記載もあるそうです。

今回のメニューは

  • 焼きカラス
  • つくね
  • から揚げ
  • ローストカラス

肉が硬いので隠し包丁をいれて叩いて料理。

つくねにすると牛肉っぽい赤い色に!

揚げるとクジラみたいな黒っぽい色に!!

以下は加藤シゲアキ君の食べた感想。

塩コショウのみで味付けした焼きカラス

歯ごたえがあってワイルドな味。

つくねは悪くないが、脂肪分が少ないのでパサつく

揚げカラスはアリ(!?)

下味をしっかりつけて臭みを抜けばけっこうイケる

要するに、あんまり美味しいものでは無かったんでは!?

まとめ

深刻な食糧不足にでもならないかぎり、私がカラスを食べる機会は

一生無いと思われます(^^ゞ

ただ、ちょっとググってみるとカラス料理を出すレストランがあったり、

茨城県の一部地域ではカラスを食べる食習慣があったりするので、

ジビエ料理が好きな人ならチャレンジしてみるのもいいかも!?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です