78円の命の作文が泣ける!プロジェクトの内容は?地域猫についても考えてみた

もうね、猫好きの私としては、本当に胸が苦しくなりました・・・

小学生の書いた作文「78円の命

ちょっと前に日産自動車の猫バンバンプロジェクトについて

思うところを書いたことがあるんだけど、

私こういうのにとっても弱いんだなぁ(^^ゞ

関連記事はコチラ
猫バンバンとは?日産自動車のプロジェクトが面白い!ステッカーもチェック♪

そういえばステッカー来ないなぁ。ハズレた?残念(´;ω;`)

78円の命の感想と地域猫について、ちょっと考えてみました。

スポンサーリンク

78円の命って?

78円の命」というのは、愛知県に住んでいる中学3年生の女の子が、

小6の夏休みの宿題で書いた作文なんだそうです。

全文はコチラのサイトで読むことができます!
一般社団法人 愛知・地域ねこ応援団

※どうでもいいけど、うちの娘が同じ年頃。

こんなしっかりした文章、とても書けないわぁ(^^ゞ

保健所が子猫をどうするかを知った時に受けたショック。

それを考えると、ちょっと胸が詰まります。

私自身の小学生時代の出来事を思い出しました。

ちょっとだけ私のエピソード

学校帰りに、すごく人懐っこい子猫がいたんです。

フワフワで白い子猫。

あまりに可愛らしいので、撫でたり遊んだりして、

ちょっと遅くなったので帰ろうとすると子猫が私についてきたんですねぇ・・・

当時、母は大の猫嫌い(今はちょっと好きになったみたいですがw)

それに社宅住まいで、とても連れて帰れる状況ではありません。

立ち止まっては追い払い、でもやっぱりかわいくて撫でてかまって・・・

そんなことを繰り返し、家が近づいてきたので、ちょっと走って

猫から離れたんです。

だってしょうがない。飼えないんだから。

でもやっぱり気になって後ろを振り返った時・・・!!

一台の白いバンが止まって男性が降りてきて・・・

子猫を掴んだかとおもうと車のトランクに放り込んだんです!!!

正確には多分トランクにケージか何かを積んでいたんだと思います。

そしてあれは、保健所の車だったんだろうなぁ・・・。

一瞬での出来事で、なにが起こったのかちょっと混乱した私。

急いで家に帰ってベッドにもぐりこんだのを憶えています。

ショックで震えが止まりませんでした(;´・ω・)

その事を母に話したら、

「多分保健所で処分されるんやろうねぇ」

と言われてさらにショック!!

迎えに行きたいと泣いてゴネたけど、まあ無理でした(^^ゞ

78円の命プロジェクトとは

これは、3人のアーティストの方々が発起人となって

「78円の命」の作文を絵本化しようというプロジェクト。

グラウドファウンディングで資金を募っています。

興味のあるかたはコチラ!

78円の命プロジェクト

私も一口参加してみようと思っています。

そして、出来上がった絵本は78円で販売予定だとか。

もちろんコレも買いますよ~!!

保健所での処分について

現在全国の保健所では年間10万匹以上の猫が処分されていて、

その6割が子猫なんだそうです。

ある一定の日数は保護されているんだけど、だいたいは一週間以内に

薬で処分されるんだとか。これは犬の場合も同じ。

そしてその処分費が1匹あたり78円・・・

それが命の値段というわけではないけれど、

そんなに安い値段で終わってしまう命。

なんか考えさせられます。

地域猫について

78円の命 地域猫
出典:http://hozumi.exblog.jp

地域猫というのは、その地域の人たちで世話をしている野良猫のこと。

餌やりはもちろん、排泄物の片づけや避妊・去勢手術も

その地域で共同で管理しているそうです。

我が家の近辺には野良猫は多いけどそういう共同体は無いなぁ。

猫好きのおっちゃんおばちゃんが、それぞれ好きなように

エサをやっているようですが、まあ、糞尿がスゴイんです!

子猫も増え放題で、たまにウチの敷地内で弱った子が悲劇に・・・(´;ω;`)

だからこういう地域猫の共同体はあったほうがいいと思うんだけど、

なかなか声を上げるのは勇気がいりますよねぇ。

猫好きな人ばかりじゃないし、ウチのダンナなんかは野良猫が大嫌い!

車のボンネットに乗っていたりした日には、

ほうきで叩き落したりして、娘と私の不興をかっております。

地域猫に関しては法律があるわけではないので、

決まり事は地域で作っていくしかないのが難点。

猫嫌いやアレルギーの人がいると、さらに難しいですよね。

可愛いだけではすまない野良猫(野良犬も)問題。

78円の命を読んで、自分の不甲斐なさが恥ずかしくなってしまいました(;´・ω・)

せめて78円の命プロジェクトの応援はさせていただきます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です